言葉 13

 たとえば、体の悪いときに、「ここが疲れた」とか、「ここが痛い」とか、「ここが悩ましい」とかいう。いうのは構わないが、それは感じなのであるから、逆に言ったら嘘になる。たとえば頭が痛いときに「頭が痛いか」、「いいえ痛くありません」。耳が痛いときに「痛くないか」、「いいえ痛くありません」。これは嘘である。
 痛いのは痛いでよろしい。けれどもそのあとがいけないのだ。あなた方は「痛くてしようがない」とか、「どうにも死にそうだ」とか、「もう駄目だ」という。それがいけないのだ。
 そしてそれをあなた方は、さらに理屈をつけて消極的言葉をわざわざいう。
「痛くてどうにもしようがないから、痛くてどうにもしようがないというんじゃありませんか」
 という。
 痛くてどうにもしようがない、といって、どうにかしようがあるか。よく考えてごらん。

          




                       © 2007, Cosmic, Inc. All Rights Reserved.
 
  

気と心 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10

言葉  11 12 13 14 15