人間関係がうまくいく波動の知恵




波動で上手に生きる―世の中のしくみ、人生の知恵 より
 
 相手のいいところだけを見るのが好きになるコツ

 相手を好きになれば、相手も自分を好きになってくれる。嫌いになれば相手もこちらを嫌いになる。その意味で言えば、世の中で起こることは、すべて自分が引き寄せているということになるでしょう。人間関係でも何でも、うまくいかないとしたら、そういう波動をこちらから発しているからだということになります。
 つまり、幸福も不幸も、うまくいくもいかないも、すべてが自分の責任なのです。したがってそれを他人のせいにしたり世の中のせいにしたりするのは、間違いだといわなければなりません。もっとも何事も他人のせいにする人は、やはりそういう人同士でグループをつくるようです。波動が引き合うからでしょう。
 このように、人間関係は波動で見るとよくわかります。
 男と女の関係でもそうです。本来、男と女は異性同士で引き合うようになっているのですが、それでも波動が合わなければ、どうしても相手が好きになれません。ところが逆に波動が合う人は、何も話をしなくても、そばにいるだけで心が和むものです。
 ですから、すべての人に好かれるようになれたら、これがいちばんだと思います。そのためにはすべての人を好きになることです。ということは、自分の波動の幅を広げておくということなのです。

 私は、商売柄か、最近では嫌いな人が周辺にはいなくなりました。嫌いだと思ったら仕事になりませんし、また嫌いだと思うような人は向こうから来なくなります。私の場合は、クライアントが多いので、平均して一日に十から二十はむずかしい問題がもち込まれてきますが、そんなときでも、相手を好きになったとたんに難問が解決します。だから、どうしても好きにならないわけにはいきません。
 どんな人間でも、いいところをたくさんもっています。その長所を見つけ、認めて、ほめてあげたら、とたんにこちらのいうことを聞いてくれるようになる。相手を嫌って否定的なことをいったら、いうことを聞いてくれません。かりに批判的なことをいう場合でも、相手を好きになって、この人のためにこれだけはいっておかなければならないと思っていえば、いうことを聞いてくれます。いうことを聞いても実行してくれなければどうにもなりませんが、いうことを聞いてくれたらどんな難問でも解決する。好きになったとたんに難問が解決するというのは、そういうことです。




© 2007, Cosmic, Inc. All Rights Reserved.